話題 > 千葉公園にて 2016.06.21

大賀ハス  大賀博士の古代バスへの情熱に心動かされた人々によって行われていた東京大学厚生農場(千葉市 花見川区、現在、東京大学検見川総合運動場)における発掘作業も目ぼしい成果がなく、明日で打ちきり という、1951年3月30日の夕刻に1粒のハスの実が女生徒の手によって発掘されます。このハスの実は 発芽し、順調に成育し、翌年7月18日、みごとに花を咲かせました。その実は大賀博士により2000年以前 のものと推定され 大賀蓮 と命名されました。 大賀蓮 は1954年に「検見川の大賀蓮」として千葉県の天然記念物 に、また1993年に千葉市の花に指定され各地に贈られ、友好親善の輪をひろげています。


大賀ハス

大賀ハス

大賀ハス

大賀ハス  一番列車に揺られ、午前6時頃公園に着いた。JR千葉駅・北口に降り立ち、モノレールに沿って公園へと向かうが 、千葉県の中心地とは思えないほどの静けさに戸惑いを覚えた。けれど、公園内に入ると三々五々、どこからともなく人が 現れ、蓮の花咲く蓮華亭が見えてくると、人々の蠢く光景が確認できた。 しかも、ラジオ体操が始まる時刻になると大勢の人々が広場に集まっていた。ただ、ここでも平均年齢は高かった。

■2016.06.21