小 石 川 植物園 ・ 後 楽 園 2017 04 05
小石川植物園 2017 04/05
春
播磨坂 茗荷谷駅から春日通りを徒歩で 播磨坂を下りて入口へ

春
小石川植物園

春
小石川植物園

小石川後楽園 2017 04/05
春

春

春

春 小石川植物園・小石川後楽園
 待ちに待ったお花見です。茗荷谷駅から春日通りを徒歩で播磨坂を目当てに進む。 左折すると目の前に絶景が広がった。播磨坂の桜並木です。地元の方々に感謝しつつ シャッターを押す。植物園も後楽園も最高の花々で迎えてくれました。 今年は開花宣言が出されてから寒さが続き入学式にも間に合うほどゆっくりだった。

■2017.04.07


小石川植物園 2016 11/29
紅葉
小石川植物園 精子発見のイチョウ 遅かりし 薄くなりにけり イチョウの絨毯でお出迎え

紅葉
小石川植物園 日本庭園

紅葉
小石川植物園 人物と比べてみてください

紅葉 小石川植物園
 丸の内線で茗荷谷駅に降り立つ。目的地、小石川植物園へ向かって歩を進める。教育の森公園の木々を見ながら坂道を下りていく。 上り坂でなく助かった。右に折れ、しばらくすると播磨坂を右に見、位置を確認。駅から30分以上過ぎていたがまもなく正門に到着。 園内は、大木が多く幹も太い。清楚で女性的なイメージだったサルスベリの幹が太くどっしりと構えた姿に驚かされる。 紅葉としては遅かったが樹木から体感した自然の力なるものはこれからの心の支えになるに違いない。 正門に戻り、果林の実を頂く。次は小石川後楽園へ向かいます。

■2017.94.07


小石川後楽園
紅葉
小石川後楽園 入口

紅葉
小石川後楽園 通天橋あたりから
紅葉
小石川後楽園 沢を渡って松原へ

紅葉 小石川後楽園
 江戸時代初期に水戸徳川家の祖である頼房が、その中屋敷として造ったもので二代藩主の光圀の代に 完成した庭園です。文化財保護法によって国の特別史跡・特別名勝に指定されています。
 小石川植物園・小石川後楽園の紅葉巡りは、ちょっと遅かったかな と感じながらもお日様のおかげで美しい景色に恵まれました。 来春の桜の時期に備えて播磨坂の位置も確認でき今から楽しみです。 茗荷谷から後楽園へ徒歩で移動したが山歩きと違ってアスファルトの道にビルと車の動きは目まぐるしく帰りの車中では疲労感がどっと押し寄せてきた。 歩数は18400歩でした。

■2016.12.01