手児奈霊堂 > 「市川市真間」
手児奈

a5  手児奈霊堂は、この奥津城処(墓所)と伝えられる地に建てられ、 文亀元年(1501年)には弘法寺の七世日与上人が 手児奈の霊を祀る霊堂として世に広めたという。
 手児奈の物語は、美人ゆえに多くの男性から求婚され、自分のために人々の争うのを見て、 人の心を騒がせてはならぬと、真間の入り江に身を沈めたとか、、、。 現在では、安産の神として崇められています。

■2017.03.30