山の姉妹と > 秩父 宝登山(ほどさん) 2012.1/24

■宝登山頂上、497.1m 登頂 万歳!
宝登山 宝登山
宝登山
ロウバイも楽しみに。案内してくださった山の師匠が開花している花が少ないと心を痛めて
おりましたが山頂ではあちらこちらで花開いた木々が見られほっとした様子にほっとする
ほのかな香りに包まれ 花の撮影に夢中になってしまい 「口が開いているわよ!」の声が

宝登山
右上に見えるは「武甲山」 真っ白です 車窓から仰ぎ見た山が遥か遠くに見えます

宝登山
宝登山を後にスタート地点、長瀞駅へ戻り 踏み切りを超え 岩畳を目差す 商店街を抜けるとそこは荒川だった
宝登山 宝登山 宝登山

山の効用
 前日の雪と雷にめげず、晴れマークを信じて予定通りやってきた宝登山。 車窓から眺める銀世界に皆で感動。その笑みは幼子の様だった。 上りは徒歩で、積もった雪、霰、凍結、雪解け道も加わって、滑らず、転ばず、濡らさず。 時には景色を眺め、時には足元に神経を集中、体温調節も怠りなく、慎重に上って、無事登頂。 山頂からの絶景、ロウバイの花と香り、自然の素晴らしさに、久しぶりに触れたことで 幼き頃の環境がどんなに貴重だったかを思い知らされた。 下りは用心のためロープウェイを利用することになった。 宙に浮いている乗り物、苦手でも下りないわけにはいかない。同行した方々の励ましでなんとか乗車した。
 父の故郷、秩父にて 偶然、生前共に訪れた同じ道を数十分歩いた。父との思い出を共に楽しめた旅でもあったと思う。 そして、翌日から以前にも増して体力をつけようとウォーキングに熱が入っております。

■2012.01.25